布川俊樹(ギター) Toshiki Nunokawa

 

1958729日東京都中野区出身。

ジャズギタリスト。

 

中学時代にマイルス・デイヴィスを聴いてジャズに目覚める。東京工業大学在学中から様々なコンテストで優勝し、1981年ミッキー.カーチスのサポートでプロ活動開始。85年マルタHit&Runに参加。その後幅広い音楽活動のかたわら、VALIS(ヴァリス)を率いてデビュー作「ヴァリス」(91年)から2003年解散までに5枚のアルバムをリリース。その他大ヒットした「ウルトラマンジャズ」(98年)はシリーズ化して全5作、ピーター.アースキン、マーク.ジョンソンらとのLA録音「ディパーチャー」(99年)、納浩一とのDuoRama 3作、山木秀夫を迎えたトリオアルバム「ブラッドトリオ」(04)、初のスタンダード作品「スタンダードジャズプロジェクト」(09年)、福田重男とのデュオ作品「Chlldhood's Dream」(11年)、2017年は「布川俊樹SJPトリオライブ~天空の滝」、福田重男との2作め「Old Boys' Dreams」など立て続けにアルバムをリリース。最新作は、23枚めのリーダーアルバムである若手男性ヴォーカリストの逸材和田明とのユニットアルバム「Blue Journey / 和田明 布川俊樹」(19年)。また教則本、映像も多数あり「ジャズ.ギターの金字塔」はベストセラー。2015年には最新教則本「布川俊樹のThe Standard Jazz Guitar」も発売した。洗足学園音楽大学ジャズコース講師を2000年より務めている。

2019年6月記